新宿や名古屋など風俗街

四国の風俗街

四国の風俗街

 

四国の風俗街の情報は四国に住んでいないとなかなか耳にする機会はありませんよね。

 

四国の風俗街とはどんなところなのでしょうか。

 

四国に遊びに行く前には確認しておくのがいいのではないでしょうか。

 

四国の風俗街と言えば、愛媛の松山が一番有名です。

 

この愛媛県の松山市が、四国最大の歓楽街・風俗街だと言われています。

 

四国の方であれば誰でも知っているのがこの松山市なのです。

 

四国最大の風俗街である松山は、温泉が有名な地でもあるのです。

 

実は地方の風俗街は温泉の有名地の近くが非常に有名な風俗街になっていることが多いです。

 

これは温泉に訪れたお客様をターゲットにしていたからなんですよね。

 

今は温泉と言えば若々しいイメージはありませんが、昔は温泉は若者にも非常に人気でしたので、こういう結果につながるのでしょう。

 

全国の風俗街を調べていたり、風俗が好きな方は耳にしたことがあるかもしれないのが松山市のヘルスビルディングです。

 

松山市のヘルスビルディングはヘルスが集まったビルディングで、その外見からも観光スポットとしても人気が出てきています。

 

その独特のビルディングの風貌からネットでも写真が掲載されて紹介されていることが多いです。

 

懐かしいような、それでいて新鮮さも感じるようなビルディングは愛媛に遊びに行ったのならぜひ見てみたいのです。

 

松山市は四国の人々が集う場所なので、非常に賑わいを見せています。

 

四国の人々が風俗で遊びたいと思うのなら、わざわざ松山市に遊びに来るくらいなのです。

 

そのため週末だけでなく平日も賑わいを見せており、その中でもソープランドは人気があるようです。

 

松山市のソープランドの数は多いわけではありません。

 

そのためなかなか予約を取りにくいと言われており、事前に予約を取っておくのが普通のようです。

 

デリヘルなど他の風俗もありますから、遊べないことはないでしょうが、ソープランドで遊びたいのであれば事前にチェックしておくことを忘れないようにしておきましょう。

 

松山市のソープランドではギャルが多いと言われていて、若い子が多いようです。

 

最近はデリヘルに若い女の子が働くのでソープランドは年齢層が高めになりがちでしたが、松山市は特にそういった傾向が無いようで、若い女の子好きには溜まりませんね。

 

温泉でのんびりしながら、風俗ですっきりして身も心もリラックスするには四国の風俗街はぴったりでしょう。

 

四国の松山市は要チェックの風俗街です。